体内酵素を無駄遣い!?食べるのを控えたい5つのNGフードとは?

2018-04-25

こんにちは、
ファスティングスタジオシルキー松屋裕子です。

 

毎日、当たり前に食べている食品には、身体の中の酵素を、
大量に無駄遣いさせてしまうものがあります!
最も気をつけていただきたい食品を、5つご紹介いたします✨

 

1.白砂糖・白米・小麦粉など
白砂糖の主成分「ショ糖」は、吸収分解するのに時間がかかり、
たくさんの酵素を消費してしまいます( ;∀;)
また精製された白砂糖、白米、パン、うどんなど小麦粉を用いた食品は、
血糖値を急激に上下降させ、脂肪を蓄積させます( ;∀;)
砂糖は、アガペシロップや、天然100%のメープルシロップ、はちみつをとりましょう!
そして白くないものを!
玄米、雑穀、ライ麦パン、蕎麦などを選んでくださいね♪

 

2.食品添加物
酵素の働きを妨げ、酵素自体を変性させて、発ガン性を強めるなど、
健康リスクを高める存在と言われています。
特に、ハム、ソーセージ、練り製品、コンビニの弁当惣菜など、加工品に多く含まれます‼
なるべく、無添加のものを選んでくださいね。

 

3.牛乳・卵
牛乳は体内組織からカルシウムが溶け出してしまうとも、言われています。
アメリカでは飲みすぎると、骨粗しょう症の原因と指摘されているほど( ゚Д゚)
卵もコレステロールの過剰摂取の要因に。
共に人間とは、タンパク質の組成が異なるので、消化に時間がかかり、
酵素の無駄使いになります(*_*)

 

4.過酸化脂質・トランス脂肪酸
過酸化脂質は、酸化した油のこと。
使い古しの油、時間が経った干物やフライ、天かす、油の多いスナック菓子、
保存状態の悪い乾麺などに含まれています。
トランス脂肪酸は、マーガリンやお菓子に多く使われるショートニングに使用されています。
共に悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させると言われています。
出来るだけ、質のいい油を選びましょう♪

 

5.生の植物の種
生の種には、植物が生育するのに適した季節や条件がそろうまで、
芽が出ないようにするための酵素抑制物質が、含まれています。
種をそのまま食べると、体内酵素の抑制をしてしまうので、注意しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代生活では、全く排除するのは難しいですが、知っていて損はありません(*^^*)
ファスティング期間中も、日々の食生活でも、気をつけて見てくださいね♪
フラックスオイル(亜麻仁油)、アガペシロップも取り扱っております

お気軽にお問い合わせください✨

 

☆☆☆☆お問い合わせ先☆☆☆☆☆
ファスティングスタジオ®SILKY
TEL 099-226-7470
E-mail info@fastingstudio-silky.com
鹿児島市南林寺町6-18
★★★★★★★★★★★★★★★★

『ファスティングスタジオ​』『ファスティングトリップ』は、テイクワイズ・コーポレーションの登録商標です。
テイクワイズ・コーポレーション ファスティングスタジオSILKY
Copyright© 2014 Fasting studio SILKY All Rights Reserved.


〒892-0834 鹿児島県鹿児島市南林寺町6-18
電話:099-226-7470(代表)